家宝としての九谷焼

 

「器物百年を経て、化して精霊を得てより、人の心を誑かす」

長い年月を経た”物”には人の”想い”が宿り

時に”物”からあふれ出て人の心を惑わせる

 

家宝としての九谷焼

 

”人”と”物”とのご縁結び 

 

※ほとんどが一品もののため

お問い合わせください

☎076-231-0474

メールkutanitomoe@gmail.com

 

「家宝としての九谷焼」の商品は、

 

売上の20%を九谷焼工芸士育成資金に使わせていただきます。

4号香炉 高堂錦手 初代錦峰

初代錦峰(中田智之)作 4号(約12㎝)香炉です。

サイズ/ 幅120×奥行100×高さ130mm

 

七福神と鳳凰があざやかに描かれています。

獅子の蓋、七福神、鳳凰、鮮やかな金の輝き、子孫に受け継ぐ家宝にふさわしい一品です。

 

ベースには、100年経っても色褪せない青粒鉄線がデザインされており、高堂錦手最高の名職人と言われた初代錦峰の本金の輝きが見事です。

 

日常使い用4号花詰香炉、お香スタートセット一式(4種の香、灰30g×3、炭48粒、火箸)、さらに近年入手が困難になってきた最上級品の伽羅2.5g、沈香5g、そして白檀10gをお付けします。

 

セット価格 税込639,000円(送料込)

お支払いは、銀行振り込みとなります。

振込み確認後、配送のお手配をさせていただきます。

 

一品もののため、お品切れの場合ご容赦ください。

 

※高堂錦手とは:石川県小松市高堂町では九谷焼中興の陶聖九谷庄三の画風を受け継ぎ、人物、山水花鳥等写実的な絵柄に加え本金、細字、金粉金盛、金泥、等の優れた彩金、彩銀の技法を駆使し技術の研鑽を行い独自の豪華な作風を産み出しました、これが高堂風錦手です。