家宝としての九谷焼

 

「器物百年を経て、化して精霊を得てより、人の心を誑かす」

長い年月を経た”物”には人の”想い”が宿り

時に”物”からあふれ出て人の心を惑わせる

 

家宝としての九谷焼

 

”人”と”物”とのご縁結び 

 

※ほとんどが一品もののため、お問い合わせください。

(☎076-231-0474、メールkutanitomoe@gmail.com)

 

「家宝としての九谷焼」の商品は、

売上の10~20%を九谷焼工芸士育成資金に使わせていただきます。

※年度末に会計報告いたします。

 

九谷巴 店主

金沢城兼六園商店会 会長

金沢九谷振興共同組合 幹事

石川県九谷陶磁器商工業協同組合連合会 理事

出雲哲也