九谷巴の沿革

明治42年(1909)、桑田与重郎(明治9年金沢生まれ)によって金沢兼六園下の現地において福栄堂として開業されました。柿沢友吉が後を継ぎ、戦後、檜物信次によって”九谷巴”として商売を引き継ぎました。

 現在、檜物信次の孫である私、出雲哲也が五代目店主として店頭に立っております。